CTCLS | Life Science | One stop ahead.

  • イベントレポート

line

携帯型ラマン分析装置Progenyの
原料受入れ確認試験セミナー

CTCライフサイエンスは2011年よりラマン分析法による原料受入れ確認試験の提案を開始し、多くのお客様よりご好評を頂きまして、国内の50社80拠点を越える製薬企業様にご採用を頂いております。

この度、株式会社リガクの協賛のもと、原料受入れ確認試験の新たなソリューションとして、1064nm励起波長を持つ近赤外光の携帯型ラマン分析装置 Progeny の原料受入確認試験セミナーを開催しました。

Progenyは、これまでの785nm励起波長の可視光のラマンレーザーと異なる1064nm励起波長の携帯型ラマン分析装置です。CTCLSは新たな製品をラインナップに加え、お客様の原料受入確認試験に対するさらなる品質強化と効率化を提案をさせて頂きました。

本セミナーでは、原料受入れ確認試験の最新動向とともにProgeny製品の有用性や利用効果を説明させて頂き、Progenyのデモンストレーションを実施致しました。さらに、リガクの製品ソリューションとして、医薬品の研究開発に不可欠な"デスクトップX線回折装置MiniFlex300"や"高分解能3DX線顕微鏡nano3DX"をご紹介しました。また、セミナーの後半ではリガク本社・東京工場のラボツアーも実施しました。

セミナー概要

日時 2016年6月23日(木)13:20~17:20(受付13:00~)
(懇親会:17:30~19:00)
会場 株式会社リガク 本社・東京工場
東京都昭島市松原町3-9-12
主催 CTCライフサイエンス株式会社
協賛 株式会社リガク
参加費 無料

プログラム

13:20~13:30 開会の挨拶

CTCライフサイエンス株式会社

13:30~14:10 原料受入確認試験に関する国内製薬企業の取組みと最新動向

CTCライフサイエンス株式会社
岡田 政嗣

14:10~14:45 携帯型ラマン分析装置 Progeny 製品説明

株式会社リガク
篭島 宏匡

14:45~15:00 休憩
15:00~15:50 Progeny による分析法バリデーション支援サービス
785nmラマン分析装置に対するProgeny製品の特長

CTCライフサイエンス株式会社
岡田 政嗣

15:50~16:30 リガク 製品ソリューションご紹介
デスクトップX線回折装置MiniFlex300/600、高分解能3DX線顕微鏡nano3DXの製品説明

株式会社リガク

16:30~17:15 リガク東京工場 ラボツアー
Progeny デモンストレーション
17:15~17:20 閉会の挨拶

株式会社リガク

17:20~19:00 懇親会

原料受入確認試験に関する国内製薬企業の取組みと最新動向

原料受入確認試験に関する国内製薬企業の取組みと最新動向
原料受入確認試験に関する国内製薬企業の取組みと最新動向

CTCLSで携帯型ラマン分析装置の製品責任者である岡田が、CTCLSがこれまでに導入した国内製薬企業のPIC/S Annex8要件への対応状況や査察動向などを説明しました。全容器の原料受入確認試験に取り組む製薬企業が急速に増えており、携帯型ラマン分析装置をどのように運用しているか、運用時に想定される課題点と対応策、導入効果を具体的に説明しました。既に携帯型ラマン分析装置を利用頂いている企業だけでなく、今後携帯型ラマン分析装置の導入を検討している企業にも有益な情報となりました。

CTCライフサイエンス株式会社
岡田 政嗣

携帯型ラマン分析装置 Progeny製品説明

携帯型ラマン分析装置 Progeny製品説明
携帯型ラマン分析装置 Progeny製品説明

株式会社リガクの篭島氏から携帯型ラマン分析装置Progenyの特長を説明しました。Progenyの操作方法について、デモ画面を表示しながら解説するという分かりやすい内容でした。ご参加頂いたお客様のProgenyに対する興味は高く、製品の特長に関するご質問を多く頂き、Progenyに対する高い期待が伺えるセッションとなりました。

株式会社リガク
篭島 宏匡

Progenyによる分析法バリデーション支援サービス
785nmラマン分析装置に対するProgeny製品の特長

Progenyによる分析法バリデーション支援サービス 785nmラマン分析装置に対するProgeny製品の特長

CTCLSは長年にわたり、785nmのラマン分析装置を販売して国内で多くのシェアを獲得しています。これまで785nmのラマン分析装置をご導入頂いたお客様のご意見を元に、CTCLSが考える携帯型ラマン分析装置Progenyを使用して有益と思われる特長を説明しました。又、携帯型ラマン分析装置の運用に重要な試験法と関連するバリデーション内容、CTCLSが提供する分析法バリデーションの支援サービスを具体的に説明しました。携帯型ラマン分析装置を運用する企業にとって押さえておきたいポイントを理解することができました。

CTCライフサイエンス株式会社
岡田 政嗣

リガク製品ソリューションご紹介
デスクトップX線回折装置MiniFlex300/600、高分解能3DX線顕微鏡nano3DXの製品説明

リガク製品ソリューションご紹介 デスクトップX線回折装置MiniFlex300/600、高分解能3DX線顕微鏡nano3DXの製品説明
リガク製品ソリューションご紹介 デスクトップX線回折装置MiniFlex300/600、高分解能3DX線顕微鏡nano3DXの製品説明

株式会社リガクの紺谷氏、濱田氏よりデスクトップX線回折装置MiniFlex300/600と高分解能3DX線顕微鏡nano3DXの製品説明も行われました。

株式会社リガク

リガク東京工場 ラボツアー
Progenyデモンストレーション

リガク東京工場 ラボツアー Progenyデモンストレーション
リガク東京工場 ラボツアー Progenyデモンストレーション

リガク東京工場 ラボツアー Progenyデモンストレーション
リガク東京工場 ラボツアー Progenyデモンストレーション

株式会社リガク

PageTop